福井陽孝(旧姓後藤)のBLOGです。
遂に塗料メーカーに参画いたしました。
全く新しい事業領域なので学ぶ事ばかりですが1年以内に学ぶ事ばかりと言う様なできない人宣言はさっさと抜け出します。
マリーナベイサンズカジノの楽しみ方(Sands Rewards Club)
嫁に知られたくないのであまりMarina Bay Sands Casinoの事は書こうとはしなかったのですが、シンガポールに旅行にくる方の参考になるかもしれないので自分がやってる事を紹介します。

カジノは今年の4月に友人4人とラスベガスに行くまではシンガポールに来た友人のアテンドでカジノに行き、100ドル(6000円ぐらい)ぐらい持って一回50セントのスロットとか1ドルでルーレットとかやってる程度でした。
あまりにチキンな遊び方をしてるので日本に居る嫁が情けなく思ったのか、僕と友人に100ドルお小遣いをくれるぐらいケチケチやってました。

スロットは一回の回転に、より多くのお金を使った方が負ける確率が下がり、還元率も高まると知っていたのですが、日本のスロット等に比べると恐ろしいスピードでお金が減る事にビビってました。というか今もビビってます。10万円を30分ぐらいでバンバン使っている中国人、インドネシア人がたくさんいます。そんな鉄火場です。


で、ラスベガスのホテルのカジノで友人達が「まじですか!!??」という単位とスピードでスロットやルーレットをやっているのを見て、やっぱり可能な限り大きな金額でかけた方が良いのかなと思った事と、カジノのメンバーカードのポイントが遊べば遊ぶほどたまり、部屋のアップグレードやいろいろな特典が受けられるという事を目指して、ランクを上げるためにバンバンかけていると知りました。
それは良いなとラスベガスに初めて来たのに何を勘違いしたのか思いまして、友人のまねをしてラスベガスのスロットで1回転1セントから1.5ドルまでかけることができる台でいつもなら20セントぐらいで遊んでいるのを、初めてのラスベガスと言う勢いもあり最大の1.5ドルで遊んでいたら初めてジャックポットが出て最大の掛け金で遊ぶのってすばらしいとか思ってしまいました。

人生初めてのJackPot!1531US$で次の日には無くなってましたが。。。

この経験がもっとカジノで勝つための情報をせっかくシンガポールに居るのだから考えてみようと思うきっかけになりました。

マリーナベイサンズにもサンズリワードクラブ(sands rewerds club)というメンバーカードがあり、サンズの中にあるお店やカジノ、ホテルの宿泊、買い物に応じてポイントがたまり最初はプレミアそれ以降は1年で333ポイント貯めるとゴールド、888ポイントでプラチナ、1888ポイントでダイヤモンドとランクが上がっていきます。
この一番上のランクになるとホテルを予約すると自動的に部屋がアップグレードしてもらえたり、満室の場合も優先的に部屋を手配してもらえたり、スカイパークに毎月6枚無料で入れるチケットがもらえたりとシンガポールに遊びにくる友人にかなりメリットを提供できるようになりそうです!
昨年から何度かホテルの手配やサンズのショップで買い物等をしていたので、250ポイントぐらいは半年で貯まっていたのですが年1888ポイントはさすがに普通にホテルを使うだけでは無理!
カジノのためのホテルなのでやはりカジノで遊ぶ事でランクが上がるようになっています。


このランクを上げるためのポイントとは別にサンズダラーというサンズの中でお金として使えるダラーが上記のポイントが1ポイントたまるごとにプレミアだと1ダラー、ゴールドだと1.25ダラー、プラチナおよびダイヤモンドだと1.5ダラー貯まるようになっています。

で、まずこの1ポイントをカジノでためるにはどれぐらいのお金が必要なのかを調べてみました。ブラックジャックやポーカー、ルーレットを遊ぶためには現金をチップにかえます。そのタイミングでメンバーカードを出すと100ドルをチップに変えると1ポイントもらえます。
1万ドルをチップに変えると100ポイントたまる事になるので、そのまま遊ばないでチップを現金に変えるという事もできるかもしれません。が、さすがに目立つのでそれはまだやってません。
(※理論的には18万8000ドルをチップにかえればその時点でダイヤモンドになれるという事??1000万円以上必要なので1000万円カジノに預ければPAIZAというダイヤモンドよりも上の扱いのメンバーになれるはずなのでそれができる人はランクを上げたりしなくていいんでしょうね。。。。)

で、ラスベガスでジャックポットを出したQuick Hitと書かれた絵柄が15箇所の中に5個以上止まるとジャックポットになり、最大で9個止まればラスベガスだと8500ドルの大当たりになるというスロットでポイントを稼ごうとサンズのカジノでも探してみました。

で、シンガポールにも同じ台があったのですが、アメリカよりもレートが高い!
最低が5セントで最高が6ドルかかります。USドルとシンガポールドルで77円と60円
ぐらいの違いがあるので純粋に5倍という訳ではないですが3.5倍ぐらいのスピードでお金が減っていく事になります。
で、当然ジャックポットの金額もそれに比例して上がりまして、アメリカで僕が当てた8個の絵柄が止まったときの1500USDが6000SGDと最大掛け金に比例して上がってます。

で、1回転6ドルで25回転させるとサンズのポイントが1ポイント増える様なので、スロットでは150ドル分回すと1ポイント貯めることができます。
一回転1ドルで遊んでいたら多分150回転させないと1ポイントたまらないのだと思います。

150ドルスロットで遊ぶと1ポイント貯まり、それは最低のランクでも1ダラーとしてサンズで使える。プレミアムまで上がれば1.5ダラーになる。
つまり150ドルで1.5ドル(1%)還元される事になります。(プラチナになるまでは1.25ドルとかなのでもう少し理論値は下がりますが)

スロットの還元率を調べてみると1回転に使う金額が高いほど還元率が高くなるようで、92%〜98%ぐらいの違いがありました。

上記の1%のダラー還元を含めれば最大の掛け金で還元率が98%とすると
150ドルスロットで遊んでも理論上98%の147ドルは還元+1%が1.5ダラーで還元ということになります!勝てないけどステータスをあげるという目的なら悪くない現実です。

1ポイント稼ぐために現金3ドル使って1.5ダラー還元されて、実費1.5ドル

1888ポイント稼ぐには計算上2832ドル=18万円弱(1SGD=63円前後として)

この金額で一泊3万円の部屋が5万円の部屋にアップグレードされるなら友達が来まくる僕には悪くない!!!!9泊で元が取れる計算!!

という皮算用が4月頃にありまして、先日無事ダイヤモンドになりました。
こっちに遊びにくる予定でサンズを予約考えている人は連絡ください!

でダイヤモンドになるまでの理論値と現実は大きく異なることになったのですが、それはまた明日ご報告します。
| gotohirotaka | シンガポールの暮らし方 | 23:03 | comments(412) | trackbacks(0) |
週末充実BBQパーティー
今日は午前中からマリーナゴルフコースの打ちっぱなしにOさんと二人で出かけ、11時過ぎからOさんの友人Kさんの家でBBQパーティーという海外の週末っぽい過ごし方を堪能。

BBQではみなさん1〜4歳ぐらいのおこさんを連れての参加で、とても素敵なシンガポールでの子育て話を伺うことができ、早くこっちに妻と娘を連れてきたいなーという気持ちになりました。

ものすごく大きなプールサイドにBBQができる設備があり、プールではいろいろな人種の家族ベビーと一緒に泳いでいて、日本での日本人だけの週末という既成概念を壊してくれます。

中東、アメリカ、ヨーロッパ、インドなどの2,3歳の子どもがみんな目が合うと笑ってくれて、早くこの中に自分の娘を参加させたくなりました。

シンガポールで感じることは、本当にどこも近く、移動がタクシーであっという間にできるので一日にアクティブなことが日本と比べ物にならないほどできること。
あとは、一年中夏なので外に出るのが億劫という事が全く無くて、子どもを外に連れ出すのも楽チンで、体を動かすということがみんな自然にできてしまうこと。

週末の過ごし方は、本当に毎週すごく充実してます。

3月4月に週末にちょっと国内旅行とか考えている人がいたら、ぜひ金曜の深夜にシンガポールに出発して、日曜の深夜にシンガポールから戻る強行旅行に是非来てみて下さい。
うちに一部屋ゲストベッドルームが空いているので、航空チケット7万円ぐらいで本当にたくさん遊べますよ!
| gotohirotaka | シンガポールの暮らし方 | 22:05 | comments(44) | trackbacks(0) |
すごいホスピタリティ@カペラホテル!
昨日は妻とお昼にちょっとおしゃれなカフェなどが並んでいる
デンプシーヒル
へ。
超高級車があたり前のように停まっていて、シンガポールのお金持ちな人たちが集まる場所なのかもしれません。
赤ちゃんと一緒の家族が多くて、のんびりした雰囲気。
4ヶ月の赤ちゃんと知り合いになったりして幸せなランチでした。

そしてディナーは、友人のOさんと4人で
リッツカールトンのトップが新しいコンセプトでシンガポールにオープンさせた
Capella
へ。
一泊がとてもとても高いので、いつか泊まりたいとは思っていましたが、まずはレストランでホテルの雰囲気を体感。
アラカルトでいろいろな食事を楽しませてもらいました。
シンガポールでとても美味しいというステーキ屋さんにも先日行ってきたのですが、そこよりも全然お肉も美味しくて、正直シンガポールでいろいろ食べた中でも一番美味しいレストランでした(妻談)

そして何よりも驚いたのが

レストランのスタッフの若い男性が妻が食事を楽しめるようにずっと娘を抱いていてくれたのです。

さすがにこのホスピタリティには驚きです!!

赤ちゃんを預かることはいろいろリスクもありますし、もし抱いて泣いてしまったら大変なことになる可能性もあるのに、すごいなと。

しかも父親の僕よりも抱っこが上手い。。。。。
娘はずーっと笑いながら抱かれていました。

今度シンガポールに友人が来たら絶対にこのレストランに連れてこようと思います。もしシンガポールで素敵なホテルを探してるのであれば、予算に余裕がある方はぜひカペラに泊まってみて下さい!
楽しむならサンズ。リゾートならカペラです!

しかも3人でこのディナーは240シンガポールドル。一人5000円ぐらい。
リーズナブルすぎました。

妻に素敵なディナーを過ごせてもらって本当によかったです。

最終日の今日は、マリーナベイグルフクラブに打ちっぱなしにも出かけてシンガポールの素敵な時間を過ごせてもらえたと思います。
見てるだけのつもりだった妻もあまりの環境の良さに普段着で打ってました。


Oさんいろいろありがとうございました!

明日の早朝妻は日本に帰ります。また寂しくなるなー。

| gotohirotaka | シンガポールの暮らし方 | 23:15 | comments(223) | trackbacks(0) |
美味しいパフェ
妻がシンガポールでどうしても美味しいパフェが食べたいと数日前から言い出し、先日イーストコーストの伊勢丹があるパークウェイパレードのフードコートでパフェもどきを食べたのですが、ハズレの味でした。

諦めきれない妻は、ネットでシンガポールで美味しパフェを食べられるところを検索したらしく、病み上がりの体力づくりも兼ねて美味しいパフェを3人で食べに行くことになりました。

妻が見つけてきたのは


というファミレスのようなお店で、これもパークウェイパレードにお店があるらしく、タクシーで3人でお出かけ。家からタクシーで7,8分ぐらいで300円ぐらいのタクシー代。本当に移動がタクシー中心になるので子どもが一緒でも楽チンな国です。

夕飯も兼ねてクラムチャウダーシチューとパフェとピザを頼んでみました。

注文を間違えたのか、マッシュルームシチューが出てきたので
「頼んでないですよ」
と伝えるとこちらが恐縮するぐらい運んできたお兄さんが謝ってくださって、すぐにクラムチャウダーが出てきました。
あたり前のことなのですが、海外でちゃんとしたコミュニケーションをお店の人がしてくれるとその国が好きになります。

娘を抱いたまま妻は立ちながらパフェを食べてましたが、お店のお客さんみなさんが子連れの大変さを理解してくれていて、笑いながら見ててくれました。
いろんな人種が理解しあって生活するということが日本では本当に稀有なことですが、シンガポールでそれがあたり前になっていくことがこれからの人生に大きな変化をもたらしてくれると思います。

娘はパフェに興味津々でしたが、さすがにまだ食べさすのは早いと思うので見るだけで我慢してもらいました。

明日は妻がシンガポールで過ごす最後の夜。素敵な所に出かけないと!
| gotohirotaka | シンガポールの暮らし方 | 22:52 | comments(392) | trackbacks(0) |
日本よりも店員が優しい
個人のブログなので、将来見なおして思い出すためにちょっと妻と娘と過ごしたシンガポールのことをブログに書いておこうと思います。

全然仕事やWebの事じゃない内容が数日続くと思いますので、仕事関係の方は妻たちが帰る2月13日まで無視して下さいませ。

3人で香港のベッドブランドシーホースに行った時のことですが、店員がみなさんで娘をあやしてくれました。
日本では顔を覗いたり、手を握ってくれることはありましたが、ここまで店員全員で子どもをあやしてくれたことはありません。

男性も女性二人も店員です。真ん中のベッドに裕喜が笑いながら寝ています。

仕事中に店員が全員赤ちゃんの回りにいることはたしかに問題なのですが、人として自然なのはこっちなのかもしれません。

この人の親切さに妻も感動してシンガポールが大好きになってくれました。

シンガポールに住む人のイメージは、金融で成り立っていて受験戦争が日本よりも厳しい国なのでみんなガツガツしていて、他人と常に競争しようと他人に冷たい人種という先入観があったのですが、いまではその先入観は消えました。

シンガポールがアジアのハブとして機能している理由に、この国民性も大きく関与している気がします。
| gotohirotaka | シンガポールの暮らし方 | 20:07 | comments(516) | trackbacks(0) |
シンガポールは過ごしやすい?
娘がシンガポールに来てから5日間が経ちましたが、寒い日本から急に30度のシンガポールに移動して体調を壊すのではないかと心配していたのですが、驚くほど元気です。

夜は23〜25度ぐらいなのですが、蚊が全く居ないので窓を開けて寝ることができるので風が抜けてとても快適に眠ることができます。これは家の場所にもよると思いますが、家の周りは空港に近いので高い建物が無く、とても見晴らしも風通しも良い環境です。

生まれて半年経っていない娘が、日本とは比べ物にならないほど夕方スヤスヤ寝て、夜も朝までスヤスヤ寝てくれるので本来の人間にとってとても過ごしやすい環境なのかもしれません。

こっちに来て、離乳食を本格的にスタートしたのですが、離乳食もフルーツに囲まれている国だからかバナナ味のものが多い感じです。
娘もこっちの離乳食の味が気に入ったのか、昨日から自分でスプーンを持って、離乳食を口に運ぶようになりました。哺乳瓶も自分で持って飲むようになりましたし、暖かいシンガポールに来て服も薄いものになって、動きやすくなったのかもしれません。



日本で暮らすよりも、体を大きく使って感情を表現することが増えていて気候によって人の成長が大きく変わるのかもしれないと感じることがあります。

今では世界中がつながって、経済で勝っている国の生活が正しいもののように世界中に発信され、世界中がその生活に憧れ、元々の過ごし方を変えていることは本来必要のない事なのかもしれません。その国、その土地、その人々に合った物をその場所で生活することで感じて考えることは大切なことだと思います。もっと世界中のいろいろな場所をこの数年は見に行こうと思います。
| gotohirotaka | シンガポールの暮らし方 | 02:29 | comments(10) | trackbacks(0) |
オランウータンと朝食@シンガポール動物園
ナイトサファリが有名なシンガポール動物園ですが、朝はビュッフェスタイルでオランウータンと一緒にご飯が食べられます。

早速昨日行って来ました。
動物園での朝食が9時から10時半ということで、朝8時に起きて8時半に友達のKさんを拾いにサンズホテルにタクシーで移動して、そのまま一緒に4人でシンガポール動物園へ。
サンズから動物園までタクシーで30分ぐらいで到着する予定。

ところが、動物園の近くに来ると異様な渋滞!
日曜日の朝はシンガポールの人たちも動物園にこんなに来るのかと感心していたら、今日は企業の運動会があるからそれに出場する家族の人たちの車で渋滞になっていると運転手が説明してくれました。

が、動物園に近づくにつれて、渋滞はひどくなってきて、間に合うかドキドキしていたら

Singapore ZOO RUN 2012

というシンガポール動物園の中を走る一大イベント!全然企業の運動会じゃありませんでした。

動物が放し飼いされている動物園の中をみんなでマラソンするという日本では味わえないマラソン大会。

ベビーカーを押しながら参加している家族もいれば、子どもばかりのショートマラソンなんかもありとても盛り上がってました。

そんな中朝食も混んでるかなと心配したのですが、そんなに混んでおらず4人でオランウータンと記念撮影もできて、ちょっとした朝のイベントとしては大満足。

キリンに餌を上げたり、生まれて5ヶ月の裕喜には何が何だか分からなかったと思いますが、いろいろ貴重な経験をさせてあげられたかなと思います。
ぜひシンガポールに家族で旅行に来た際には行ってみて下さい!オススメです!

マラソンに参加している女性達がなぜか裕喜の写真を撮りたがってくれたので、多分娘はシンガポール人にはウケがいいみたいです。
| gotohirotaka | シンガポールの暮らし方 | 10:16 | comments(61) | trackbacks(0) |
シンガポールサンズ来客促進キャンペーン Dragon Of Fortune
ハッピーチャイニーズイヤー!
と共に目覚めた一日でした。今日は先日知り合ったインターンでこちらに来ている学生Tくんとお昼を食べる約束なので待ち合わせ場所のオフィスへ。
旧正月でもまあチェーン店のカフェとかは開いているんだろうなと二人で考えてましたが、ものの見事に閉まってました。

昨夜新年を迎えたサンズはさすがに開いてるだろうということで二人でバスでサンズへ移動。

大学4年の時に起業した熱い気持ちを思い出すいい一日を過ごさせてもらいました。自分の周りで助けてくださった40代、50代の方々もこんな気持ちで大学生の時の自分を見てくれていたのかなーと16年前を変な感じで思い出してました。

昨日Dragon Gift Setが当たったのはサンズのRewards CLUBメンバーのちょっとしたキャンペーンなのですが、サンズに行ったときに機械にメンバーカードを通すと当たりとかハズレのチケットが出てきます。一日1回無料で遊べて、後はお金を使えばまた同じ日でも遊べるというキャンペーンです。


このキャンペーンは3つのチャンスがあって

1.Dragon ANG PAOーお年玉みたいなもので、上限3,888ドル(23万円ぐらい?)が当たる
2.COLLECT-TO-WINー干支の絵が書かれたチケットで同じ絵を3枚集めたら人形が当たり(ハズレのダブルチャンスみたいなものですね)
3.DRAGON INSTANT WINー24金の12支セットもしくはMBSの限定ギフトセットが当たる

という新年記念に頑張ってサンズに来て、何か当てちゃってよ!という来店促進キャンペーンですね。
昨日はこの3番の限定ギフトセットが当たりました。まあサイズは昨日の写真でも分かるようにでかかったです。

で、今日はお昼をサンズで食べたので一回無料分のゲームと+1回くじが引けて、1回目は「辰」の絵が書かれたチケットが出てきました。辰年だからドラゴンの絵のチケットしかでてこないのかもしれませんが、今まで2回このゲームをやっていて2枚既に持ってたので、3枚揃ってしまいました。

嫁も「辰」年です。
僕は最近「辰」に関する引きは強いようです。

辰の干支の人形というかこれも24金メッキなのかな?


こんなにいろいろもらえる国ってキャンペーンとしてどうなのかと思いますが…

で、今日2回くじを引けた最後に

当たってしまいました。

12干支人形セット!


いいんでしょうか。新年早々こんなにいろいろ。
まあ、これからたくさん友達をサンズに泊まるように宣伝しまくればいいんでしょう。

早速、これを見ていたTくんもメンバーシップカードを作りに行きました。当たることを祈ってます。
| gotohirotaka | シンガポールの暮らし方 | 23:51 | comments(19) | trackbacks(0) |
マリーナベイサンズでチャイニーズニューイヤー
最近急激に日本人の宿泊が増えてきているマリーナベイサンズ。
人生で初めてのチャイニーズニューイヤーを盛大に迎える場に参加してみようと思い、マリーナベイの花火などを見に行って来ました。

22日の23時ぐらいにMBSのロビー前にあるRiseで年越しを待っていたら、仲良くなったスタッフがドラゴンフォーチュンドリンクという新年を祝うノンアルコールカクテルを持ってきてくれました。彼女は、嫁と娘に会うことをいつも楽しみにしているので今日もシンガポールに来てないの?と残念がっていました。

ピンクのドラゴンフォーチュンカクテル(ノンアル)

23:50ごろから盛大な花火の音が響き渡り、後ろを見るとマリーナの港で盛大な花火が上がり始め新年を迎える感じになって来ました。
すごいでかい花火がRiseから見え始めました。


マリーナベイにはマーライオンも居て、その対岸にMBSが出来上がったことで一大観光スポットになっています。12/24、1/1、2/23のクリスマスと新年、旧正月は花火が盛大に打ち上がったそうなのですが、サンズのスタッフによると2/23(今日)の花火が一番盛大だったとの事。

僕も23:55にRiseを出て、マリーナが見下ろせるサンズの57階に上がって行きました。

ところが!!!!!!

今年は23:59ごろから急激なスコールが降り始め、花火が途中で終了。。。。。。
続々上がってくる人たちにスタッフもAll is over!!と叫んでました。
そんなことあるの!?という感じで0:01には57階からびしょ濡れの皆さんと1階に戻ることに。

新年をRiseのスタッフさんたちと迎えつつ、サンズのメンバーカードの抽選で当たったドラゴンギフトセットを貰って良い新年スタートになりました。
サンズのプールがドラゴンになった真っ赤な箱のギフトセット当たりました!
妻へ>お土産に持って帰ります



| gotohirotaka | シンガポールの暮らし方 | 23:59 | comments(13) | trackbacks(0) |
洗濯機 made in France
本日は昨日のキッチンの横にちょこっと写っていた洗濯機を自慢したいと思います。

うちの洗濯機は、家主さんが引っ越すときに妻と生まれたての赤ちゃんがいるという話を聞いて、新しい洗濯機に買い換えてくれました。

すごいやさしいです。日本大好きな方です。

さて、妻がこちらに来る前に洗濯機の性能に関して伝えておくためにもこのブログで細かくお伝えいたします。

家のキッチンはなんと
フランス製。

優しい洗い心地なんでしょうか。良い匂いなんでしょうか。高級な服も洗えちゃうんでしょうか。なんていったって芸術の都があるフランス製ですから。

9Kgまで洗える大容量なのですが、とてもスマートで場所を取らないんです。

日本の洗濯機みたいにボタンが沢山付いていることもなく、洗い方を選ぶスイッチと電源ぐらいのシンプル設計。

早速大容量のドラムを覗いてみましょう。


日本みたいに丸いドラムの上が開いているわけではないんですね。
なんと2重で蓋が付いているみたいです。

ちょっと触ってみましょう。

続きを読む >>
| gotohirotaka | シンガポールの暮らし方 | 23:55 | comments(55) | trackbacks(0) |
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
消費者の心に響くウェブサイトの作り方―「課題」「解決」「成果」から読み解く成功事例12 (宣伝会議Business Books)
消費者の心に響くウェブサイトの作り方―「課題」「解決」「成果」から読み解く成功事例12 (宣伝会議Business Books) (JUGEMレビュー »)

TYOWeb事業部5社が編集協力を行った最先端のWeb制作の現場を紹介した一冊です。Web制作に携わる方皆さんにオススメです。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ