福井陽孝(旧姓後藤)のBLOGです。
遂に塗料メーカーに参画いたしました。
全く新しい事業領域なので学ぶ事ばかりですが1年以内に学ぶ事ばかりと言う様なできない人宣言はさっさと抜け出します。
2013年の方向性
 明日取材を受けます。
その時に話す準備として今期の方向性を簡単にまとめようという気になっていたことも含め、ブログでオープンにした方が覚悟も決まるので投稿。

まず大きな決定事項ですが
■今現在お話を頂いているもの以外のWeb企画、制作のご相談には私自身は入らない
■コムサシの社長としての営業活動はしない
■昨年後半から携わっている1つのプロジェクトの成功につながる業務だけに行動を集中

■今現在お話を頂いているもの以外のWeb企画、制作のご相談には私自身は入らない
元々コムサシでは社員数を増やさずにパートナーと手を組んでIT構築の体制を作ることを目指して来ました。
2011、12年でかなりたくさんのパートナーさんと一緒に仕事をした結果、一番手を組むべきパートナーが明確になったので、その会社にWeb事業をつないで行くことに集中することがクライアントの要求を実現することに最も近いと判断しました。
また、自分が関われる案件のボリュームが感覚的に上限に達した感じなので今期は現在お話を頂いているものを創り上げるようにします。
キャパ小さくてすみません。


■コムサシの社長としての営業活動はしない
コムサシという会社は自分自身を含めて日本から飛び出して海外に広がって行くきっかけになることをITを使って実現して行きたいと考えていました。
自分が飛び出して感じた現実はITの進歩によって場所に関係なくコミュニケーションが取れ、情報もほぼ同時に共有ができ、一人の体で海外に飛び出すことは本当に簡単になったことを強く体感しました。
飛び出すことは簡単になりましたがその次は、自分という楔を使ってもっと大きな日本の価値を世界に引っ張る道をつくらないと意味ないなと思い、自分の持っている海外につなぎたい人、物、情報、仕組みといろいろ話をして、それらを理解していきました。
楔として引っ張ったもののいくつかを今度は自分の時間と体を使ってこの場所で育てて行くフェーズに入ったので、しっかりと育てて行くためには自分の会社よりも大切に考えることが重要かなと。
なので、今年はコムサシは引っ込めます。

■昨年後半から携わっている1つのプロジェクトの成功につながる業務だけに行動を集中
「思えば叶う」
と言いますが、叶いました。
妻の事業とITでつながる物を本気で二年間アンテナ張って探して来ましたが、昨年の後半にその匂いがする物に出会い、知れば知るほどその匂いが強くなり、自分の将来このプロジェクトを成功させることがこの二年探していたことの答えと言う確信が持てる物に先週育ちました。
そのプロジェクトは今携わっているさまざまな事業に価値を与える可能性もあって、お世話になった方々を幸せにする可能性もあって。
なんて幸せ者なんでしょう。自分。
なので、今年はこのプロジェクトに人生の時間がっつりかけます。


で、明日の取材では
海外で起業、海外に移住というと、
やりたいこと、計画がしっかりとあって出てこられる人が当然多いと思いますが、僕の様に海外に時間と可能性を柔軟な状態ででてくることで、それまでにつながっている知人友人が願っている海外でやりたいことの手助けができ、自分では考えられなかった新しい出会いや気づきがそれまでの人生の積み重ねから自然と見つけられることを伝えられたら良いなと思います。
日本人が持っている日本人とのつながりって本当にすごい価値です。

自分用の噛み砕きメモなので読みづらいのはご容赦。
| gotohirotaka | COMusashi | 00:49 | comments(241) | trackbacks(0) |
制作の新しい形
シンガポールでも多くの制作会社の方々と話す機会が増えてきました。

現在オフショア開発、制作で原価がどんどん下げられていくことを3年ほど強く感じていますが、その部分を強みにしていくということは最終的に生み出すという仕事が途上国へ移っていくことになります。

前身の会社では、社員の雇用もあり確実な売上と利益の確保を中心に業務を展開してきましたが、今回新しい形で会社を立ち上げたことを活かすための形を模索しています。

日本ではクリエイティブやプランニングをフィービジネスとして育てていくことが既存の人工ビジネスの枠が出来上がり過ぎていて難しかったことを踏まえ、クライアントとのレベニューシェアやフィービジネスの形を作れないかといろいろな人と話をしています。

いま、デジタルのコンテンツはゲームやアプリなど無料で配布し広告として考える流れと、少額を多数のユーザーから集める流れの2つの流れが並走しています。

日本語でのビジネスではマーケット対象が1.2億人前後に限られますが英語、中国語のマーケットは公用語なら英語14億中国語10億という規模のマーケットになります。
母国語として考えても英語3.5億中国語10億です。今後ビジネスの中で中国語を話す人口は急激に増加することを考えてもこのマーケットを対象にするビジネスを日本と同じ人工で制作することは固定概念に固執してしまうことになりそうです。

これからは、世界中にこれから成長をする企業が多数出てくると考えられます。
成長企業と共に新しいものへチャレンジすることも踏まえ初期投資を著しく下げ、リスクを共有し成功の利を共に享受できる形の企業のニーズも高まる可能性を感じています。

数件そんな形の仕事が進んでいますが、ビジネスとして成り立つには3年ぐらいは試行錯誤と我慢が必要になりそうです。

A社のAさんと話をして、考え方をまとめておこうと思ったのでメモブログです。
| gotohirotaka | COMusashi | 14:09 | comments(13) | trackbacks(0) |
名刺とロゴ
会社ができて仮の住所で名刺を作り、使ってきましたが今回 
シンガポールの携帯電話が決まり、日本の住所が変わり、会社の住所も正式に決まるなどいろんな変更があったので名刺をちょこっと作り直しました。

日本のフェデックスキンコーズでいつもお願いしていたのですが、だいたい5000円から特急だと7500円とかかかっていたのですが、シンガポールのXpressというところ(会社のビルの1階にある)へ同じ内容でお願いして22ドル=1320円ぐらい!
なんてビジネスにやさしいんだ! 

PDF入稿でさくっと17時入稿で翌日9時完成という時間感覚作ってくれたので、もしシンガポールに遊びに来る人で英語の名刺作っておきたいという人と書いたら連絡ください。用意しておきます! 

会社のロゴはシンガポール国旗の月と5つ星の間に日本の日の丸を挟んでCOMの形にしています。 将来他の国に広げていくときの理由どうしようかなと悩み中ですが、そのたびに変えることにしようかなー。

名刺が出来るだけも嬉しくなる。
やっぱり会社ができて小さいときって感動することが会社が大きい時よりも回数は増えますね。ただ、人数が少ないので喜びを共有できる人が少ないので仲間が多い会社のことをよく思い出します。

世界中に仲間を増やしていきます。
 
| gotohirotaka | COMusashi | 19:17 | comments(11) | trackbacks(0) |
シンガポール起業
12/1。シンガポールでの家に引越ししました。
6月末にビザを取得してからなんだかんだとホテルぐらしをしてきましたが、やっと活動のベースが決まりほっとしました。

シンガポールで会社を立ち上げた理由をよく聞かれますが、正直まずは会社を海外で立ち上げてみたかった。
というのが一番の理由。

コムを起業した時も、会社を起業してみたかったというのが一番の理由でした。

この半年間、今までの仕事とは全く交わらない人や会社との出会いが本当に多く、新しいことを始めることで失った以上の物が入ってくることを実感しています。

シンガポールで一番つらいのは、やっと生後三ヶ月になる裕喜と出会ってからほぼずーっと一緒に過ごした裕美子に会えないことですが、裕喜が日本だけではなく世界を広い視野で考えられる土台を作るお手伝いにもなるので海外で暮らすことは価値がある!と自分に言い聞かせて過ごしてます。

今回の起業でいろいろお世話になったシンガポール会計士の小椋さんと偶然にも同じマンション(コンド)に住むことになったのですが、夜仕事から帰ってきてお疲れのはずなのに、引越し祝いということで新しい何もない部屋で二人でワインを空けました!

まあ、何事もまず第一歩を踏み出してみてから考えるというのが性に合っているのでこれから会社も自分もどんな方向に進むか未定ですが、とりあえず本格始動ということで、今日から毎日ブログを更新していきます。

嬉しかった乾杯ワイン
今夜は意外と飲めました!
| gotohirotaka | COMusashi | 23:11 | comments(299) | trackbacks(0) |
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
消費者の心に響くウェブサイトの作り方―「課題」「解決」「成果」から読み解く成功事例12 (宣伝会議Business Books)
消費者の心に響くウェブサイトの作り方―「課題」「解決」「成果」から読み解く成功事例12 (宣伝会議Business Books) (JUGEMレビュー »)

TYOWeb事業部5社が編集協力を行った最先端のWeb制作の現場を紹介した一冊です。Web制作に携わる方皆さんにオススメです。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ